思う感じる考える

思考・感想・考察のいずれか

第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの蘇生リーグがえぐい

https://d1we7s4de09uh2.cloudfront.net/admin/img/280.jpeg

引用:大躍進の可能性!特別ルート・蘇生リーグイベント

 今年もジュノン・スーパーボーイ・コンテストの季節がやってきました。といっても、参加者からしてみれば応募はもっと前から始まっているのだけどね。投票は今月発売されるJUNONから。今年も相変わらず雑誌投票、公式サイト投票、そしてアプリであるCHEERZforJUNONからのポイント数でジュノンボーイのファイナリストが選ばれるのだけど、今年は第30回。力を入れてくるだろうなと思っていたけれど、なかなかにすごい企画が登場しました。それが「蘇生リーグ」

https://d1we7s4de09uh2.cloudfront.net/admin/img/291.png

引用:大躍進の可能性!特別ルート・蘇生リーグイベント

 「蘇生リーグ」とは、雑誌掲載されるBEST105から漏れた参加者1000名で行われる企画。この1000名の中からわずか3名がBEST30に復帰することができる起死回生の大チャンス。このBEST30に復活し、BEST15に残り、そしてBEST10に残ればファイナリスト。

 でも待てよ。BEST30に復帰ってことはBEST105から激戦をしてきた人たちの枠は減るの?と思ったけどそうじゃなかった。BEST30とは別にその他6名と書かれた枠が存在するようで、3名がここに入るのかなと思うのだけど、じゃあさらに残り3名は一体なんの枠なのだろう?と疑問が浮かぶ。ファイナリストのところにもその他3名とあるようで、敗者復活のチャンスは至るところに転がっているようです。

https://d1we7s4de09uh2.cloudfront.net/admin/img/292.png

引用:大躍進の可能性!特別ルート・蘇生リーグイベント

 話は戻して1000名で行われる蘇生リーグ。アプリ「CHEERSZforJUNON」で行われるわけですが、1000名が投稿をしてくるのかと思うと誰を応援すればいいか迷ってしまいますね。BEST105でも誰に投票するのか迷うのに1000名って。すでにSNSで蘇生リーグ参加します!と表明してCHEER数を多く獲得している人もいますけれど、やはり今の世の中、SNS知名度をあげるのはとても有効な行動なのでしょうね。

 さて、第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト。この蘇生リーグで勝ち上がった3名がファイナリストに入ることができるのか、ちょっと楽しみなところであります。

 

追記:BEST30のところに入れるその他6名のうち残り3名がいったいなんの枠か。判明しました。「黒騎士と白の魔王」というアプリゲームで黒騎士アンバサダーというプログラムがスタートしたようで、この黒騎士アンバサダーレベル上位者3名がこの枠に入るっぽい。まさかアプリゲームとタイアップしていたとは驚きです。

 

junon.cheerz.cz