読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思う感じる考える

思考・感想・考察のいずれか

原点に戻ってやり直すのはもったいない

こんな記事を読んだ

真似るな危険! 13年ぶりの「HERO続編」 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

数年前にヒットした作品を続編でやる場合は見る人々の価値観は変わっているからそれに合わせないとヒットしないよね、みたいなことが書いてある記事。

 

初心に立ち返ってやろう、原点に戻ろうなどと言って

昔の理念を再認識し行動することもあるかと思います。

また情報社会により日々新しい価値観が生まれ、

いったい何を大切して生きていけばいいのかと考えてしまいます

 

初心に返ることは大切なことだろう

しかし、初心に返るのは心の持ち方だけであって

行動までもが初心のころのようになってはいけない

それではせっかく経験を積み成長を積んだのに

また0からのスタートになってしまう

 

原点に戻るという考え方も

やはり意識的には大切かもしれないが

昔と同じことをしても

今の時代に合うかわからない。

 

じゃあ壁にぶちあたった時に初心に返らず、

前に進むためにどうしたらいいんだろう。

 

そしてたどり着いた答え。

それは今を見つめることなんじゃないだろうか

過去があってこその「今」、そして未来は「今」から始まる。

 

この「今」を見つめることが

未来をよりよく生きていくために必要なんだろう。

 

その今を見つめるために過去を知ることは大切だろうけど

わざわざ過去の自分に戻る必要はない。

過去の自分を、今この場所から見ればいいんだ。

 

そうやって少しずつ前に進めばいいんじゃないか、って。

 

つまり何が言いたいかって、

昔の成功をひきずっていると前に進まないってこと。