読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思う感じる考える

思考・感想・考察のいずれか

ブログに漫画やアニメの画像を載せると無断転載と言われないようにする話

 

書評ブログって多いし、ブログの中で本の文章を引用している人もいます。このような書評ブログでは、引用だけして感想をまったく書かずに終わることはあまりない(それだと引用とは言えないか)ので、きちんと引用としての範囲内として本の文章が使われていると思います。

 

ただ、これが画像となると、途端に無断転載だ、引用ではないと言う人が現れます。

 

かなり前の話ですが、このような記事がありました。

漫画のコマの引用についてについての調べた結果と謝罪について : けんすう日記

 

簡単に言うと、引用元も明記してないし、記事の内容にそこまで関係があるとは思えないからこれは無断転載だ!消せよというコメントが来て、ブログ主が考えなおしたら確かにダメだね、ごめんね、という内容です。

 

この記事の中で、ある記事が紹介されています。

『ヒストリエ』記事の予想外の反響と、著作権・引用に関する話 - マンガLOG収蔵庫

 

こちらは2011年の記事。マンガ「ヒストリエ」のコマをいくつか引用してブログで紹介したら、この記事を見た漫画家がツイートをしていて、この記事は著作権どうなのよっていう議論が巻き起こったことがまとめられています。

 

数人の漫画家がこのくらいはセーフでしょと言っており、著作権って曖昧だなと思ったりするのですが、この記事から引用する上で大切なことは、①出典を書く②主従関係をきちんとする。この2点かと思います。

 

出典を書くというのは大事で、先のけ○すう日記の記事では、引用元は書いてないし、書いてあったのは画像を借りたサイトのURL。引用の引用じゃダメってことで、原典を書きましょうということ。

 

そして主従関係。言葉は難しいけど、要は引用した文章、画像について言及しましょうねってこと。

 

お気に入りのコマとかキャラクターとかの画像を大量に掲載して、「△△は最高だな!」と一言だけ書いたりするのは引用ではないということですな。

『ヒストリエ』記事の予想外の反響と、著作権・引用に関する話 - マンガLOG収蔵庫

 

この2点を気を付ければ画像を引用しても、無断転載だの引用じゃねーだろとは言われない・・・はず。

 

とまあどこにでもあるような記事を複製してしまいましたが、確認作業ということでアップするぞ。