読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思う感じる考える

思考・感想・考察のいずれか

1月6日~10日の気になるニュース6件

ニュース

「高齢者の定義75歳以上に」老年学会提言 | NHKニュース

日本老年学会は現在65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に引き上げたうえで、それより若い人たちには就労やボランティアなどの社会参加を促すべきだとする提言をまとめました。

平均寿命が40歳とか50歳の時代には25歳は若者ではなかったんだろうな。高齢者の定義を引き上げるより75歳以上を表す新しい言葉を作るのも手だと思う。今の高齢者のイメージは幅が広すぎて掴みづらい。

 

「勤め先はブラック」25% | ロイター

連合のシンクタンク連合総研」が、首都圏と関西圏に住み民間企業に勤める20~64歳の2千人に、自分の勤務先がブラック企業と思うかと尋ねると「そう思う」「どちらかというと、そう思う」と答えた人が合わせて24・6%に上った。

 似た記事ないか検索したら同じ研究結果の記事が2016年10月28日付の日経が出してる。どうして今更この記事が出たのだろう。25%が多いのか少ないのかなんともいえない。ただ2013年から7ポイントもアップしたらしい。2020年ごろには35%近くになっているかも?

 

男の子がなりたい職業、「学者」2位に急上昇 連続ノーベル賞効果か 第一生命調査 - 産経ニュース

男の子の1位は7年連続で「サッカー選手」、3位は「警察官、刑事」だった。前回18位の「水泳選手」が8位に浮上した。 

 4位以降は野球選手、医者、食べ物屋、大工など。サッカー、野球、水泳がトップ10に入っていてちょっとうれしい。スポーツが活発化するのはいいことだ。ちなみに女の子がなりたい職業にスポーツ選手は入っていない。

 

CNN.co.jp : 勤務時間外のメール、確認しなくていい権利を保障 フランス

フランスで今月1日から新法が施行され、労働者は、勤務時間が終了した後は電子メールやスマートフォン、その他の電子機器について「連絡を絶つ権利」が認められることになった。

つながらない自由。日本でも広まらないかな。

 

60~70代の7割が終活に前向き ネット調査 - 産経ニュース

終活に前向きな回答をした人に理由を複数回答で聞くと、最多が「家族への迷惑」で、「寝たきりになった場合に備えて」(40・4%)、「人生の終わり方は自分で決めたい」(31・5%)、「今後の人生をよりよく生きたい」(20・2%)-が続いた。

生きているうちは迷惑かけるもんだけど、高齢者にも自己責任論が萬栄していて恐ろしい。

 

AI普及で13年後の雇用 240万人減少と試算 | NHKニュース

人工知能に関わる専門的・技術的な仕事に就く人が270万人増えるなどして500万人分の雇用が生み出される一方、AIやロボットに代替される形で740万人分の雇用が失われ、差し引き240万人分の雇用が減ると推計しています。

専門技術職が270万増えるけれど、ロボットに代替される740万の人たちは職どうなるのやら。